意外なナンパスポット

驚く子供 ストリートナンパ講座(理論とテクニック)
驚く子供

これまでにオススメのナンパスポットはこのウェブサイトでも紹介してきたし、僕が販売しているジェイソンのナンパ教材でも詳細に解説をしている。 そこで今回は趣向を変えて、意外なナンパスポット(穴場)について語ってみたい。

▼ オススメナンパスポットの記事

東京ナンパ市場(ナンパ場所編)|私のナンパ経験からの気づき1

上の記事では定番のナンパスポットとして新宿、渋谷、池袋、横浜を挙げている。 まずはこれらの定番スポットを押さえてほしい。 関西なら梅田、難波、三宮、河原町である。 中京なら名古屋駅、栄。 北海道なら札幌駅~すすきのである。

ナンパスポット選びのポイント

まずは一般的にどのような場所がナンパスポットとして向いているかを考えたい。

① 人が多い場所

まずは当たり前だが人がいないとナンパはできないので、ある程度の繁華街を狙うと言うことになる。 効率性の追求という観点から言ってもこれは外せない。 国道沿いの歩道でナンパとかは無理なのだ。

② 若い女性が多い場所

ナンパのゴールデンゾーンは女子大生世代なので、彼女達が生息する場所を狙う。 彼女達がショッピングに向かうような商業施設のある街が良い。

③ 雨風をしのげ、夜でも明るい場所

地下街、商業施設、アーケードがある場所ということになる。 こういった気象条件や明るさといった要因はナンパのやりやすさを左右するし、ナンパ師への肉体的負担と言った意味でも重要となる

④ ライバルが少なく反応が良い場所

ここでいうライバルとはナンパ師、スカウト、キャッチ、宗教勧誘などを含み、そういった人達が少ない場所を選ぶことが重要だ。

⑤ 歩くスピードが遅い場所

ナンパのターゲット選びの鉄則は歩くスピードが遅い女性なので、あまり人がスイスイと歩かない場所を選ぶ必要がある。 やはりビジネス街や住宅地ではなく、余暇時間を楽しむ商業地区ということになる。

エロイ意外な服

意外なナンパスポットとは

それではいよいよ発表してみたい。 東京近郊になってしまって恐縮だが、上記のポイントを押さえればそれ以外の都市にも応用できるはずだ。 注意点としては今回の記事は「意外なナンパスポット」ということであり、定番のスポットではない。 穴場について検証している。 したがって基本的には初心者は先述の記事で述べているような新宿、渋谷、池袋、横浜などでナンパをしてほしいと思う。

1) 地名・駅名編

・ 中型のターミナル駅

立川、町田、吉祥寺などは反応も良いのでとてもやりやすい。 雨風をしのげて夜でも明るい場所もあるし、大型の商業施設もあるなど大都市のミニチュア版のような存在だ。 立川と町田は似ている。 駅はそこそこ大きく初心者でも楽しめる。

吉祥寺は以前は駅がそれほど大きくはなかったので、地上(駅の外)でも活動する形となり、しかしながら地上には人の少ないエリアもあったのでそれほど良いとは思っていなかった。 しかし最近(2016年3月時点)のところ、吉祥寺はJRのアトレや京王のキラリナなどの駅ナカ商業ビルの再開発が急速に進んでおり、大学生や高校生が大変に多い街になっている。 以下の画像を見てもらうと良く分かるのだが、地上のアーケード商店街にも人は溢れており、駅から離れても十分にナンパを楽しめる。 正直吉祥寺はオススメだ。 街の来訪者が明らかに増えている気がする。 2016年3月の春休み期に訪れたこともあるのかもしれないが、かなり若者が多い街だ。 大都市でのナンパに疲れて伸び伸びとナンパを楽しみたい人にはオススメできる。 非常にユニークな街なのでナンパに疲れたらショッピングや井の頭公園探索で疲れを癒すのもオススメだ。 大都市ほどカフェも混まないし、おしゃれスポットや自然スポットも多いので連れ出し場所にも事欠かない点も高ポイントだ。

大宮、北千住、柏、川崎などもこの中規模都市のカテゴリーに属する街だ。

吉祥寺の光景(2016年3月)
IMG_20160328_134115
IMG_20160328_141446
IMG_20160328_141839
IMG_20160328_161535
IMG_20160328_161630
IMG_20160328_161816
番外編: ナンパの合間に寄った町田のラーメン屋
町田のラーメン屋
B級タウン町田のラーメン屋ではこれが標準サイズだ。 いやまじで。

・ ローカルの小さい駅

下北沢、二子玉川、溝の口、大井町などのような小型駅は反応は非常に良いのでガンシカは受けにくい。 しかしその反面、目立たないように注意してやらないと浮いてしまう。 僕の誠実系ナンパのモットーはカメレオン作戦と呼ばれるくらい目立たないことにある。 だから道聞きなどの間接法でやることが必須と考えている。

挙げた中では今は東急田園都市線の二子玉川がオススメだ。 玉川高島屋を中心とした必ずしも若者向けではない街から二子玉川ライズの完成によって若者受けする街へと生まれ変わった。 2015年には今まで一部のみ完成していたライズの後期型施設(映画館やオシャレ版TSUTAYA)も完成して、若者向けの非常にオシャレな街になっている。 楽天が本社を移転するなどして大きな発展を遂げている。

ライズの中には並ぶ価値のあるようなレストランもどんどんできており、デートにも非常にオススメだ。 デートの場合は玉川高島屋とライズをはしごするのが良い。 ライズの中には代官山や湘南にあるような次世代型のTSUTAYAがあり、そこのスターバックスでのんびりお茶を飲みながら読書するのも良い。 本屋の本をコーヒーを飲みながら読むことができるというアメリカスタイルなのだ。  また多摩川沿いの二子玉川公園の中にもスターバックスはあり散歩するのも良い。 二子玉川は都心と違ってあくせくしておらず、世田谷区らしくゆったりと買い物を楽しむことができる。

二子玉川の光景
二子玉川ライズ(上層階より)
二子玉川ライズ(上層階より)
二子玉川ライズ
二子玉川ライズ
二子玉川ライズのオシャレ版TSUTAYA
二子玉川ライズのTSUTAYA
玉川高島屋
玉川高島屋
Bubby's二子玉川
New Yorkで人気のアメリカ料理レストラン Bubby’s二子玉川のBBQ Porkサンドウィッチ

・ 都心の小型駅

原宿、表参道のような都会の小型駅は可愛い子が多い上に反応が良いのでオススメである。 ただし夜間は暗くなるし、雨風もしのげないので昼間にすることを勧めたい。 また平日は20時を過ぎると人通りが極端に減る。

・ ビジネス街に近い駅

東京駅は旅行客も多いので、道聞きの間接法が決まりやすい。 ただし、地上に出るとゴーストタウン化するので、駅構内でやるのが鉄則だ。 地上に行く場合には日本橋方面や逆側の丸ビル方面に行くのではなく、銀座・有楽町方面に行き、そのまま有楽町まで歩いて行くのが良い。

・ だんだんと若返っている街

銀座・有楽町は今では定番となりつつある。 ルミネや若者向けの商業施設が増えている。 最近では若者向けにターゲットをシフトした松坂屋銀座店が閉店して高層ビル化への大改装をしている。 これが完成した暁には銀座・有楽町は不動のナンパスポットになるかもしれない。 ただし現在においては平日夜はゴーストタウン化してほとんど人がいなくなる。

・ 大学の近くの学生街

ナンパのゴールデンゾーンは女子大生世代と書いたがそれならば大学の近くでナンパしようという考えだ。 池袋の立教大学周辺は地上も地下街もあってやりやすいし、池袋駅西口から大学まで徒歩7分くらいだ。 高田馬場の早稲田大学もオススメだ。 ただし駅から大学までは徒歩20分くらいかかる。 御茶ノ水駅は大学や予備校や専門学校がたくさんあるのでオススメだ。 例えば、明治大学、東京医科歯科大学、日本大学、専修大学などだ。

渋谷から徒歩10分足らずの青山学院大学はオフィス街側なのであまりオススメできない。 大学周りがあまり学生街として発達していない場合はやりづらいのだ。 上智大学のある四ツ谷駅はオフィス街なのでやりづらい。 目白駅の学習院大学、駒場東大前の東京大学、明大前の明治大学も住宅街なので不向きだ。 まずは学園祭などでナンパに訪れて周辺の雰囲気を掴んでみるのもよい。

2) 店内ナンパ編

店内ナンパも僕はオススメしている。 以下の記事で詳しく解説しているので読んでみてほしい

▼ 店内ナンパの記事

店内ナンパのやり方とコツ 横浜駅~新宿ビックロ編

アラフォーからの正しいナンパ道

北千住でJK(女子高生)を店内ナンパ

共有:
タイトルとURLをコピーしました