新宿でアイドル風女子大生1年生連れ出し

Yuki Kashiwagi 新宿

Yuki Kashiwagi

土曜日は新宿でナンパブートキャンプを実施した後に完ソロでナンパをした。そしてなんと20分後には連れ出しをすることができた。

間接法(道聞き)で入って、そこからはうまく粘りと和みを入れつつ、高等テクニックで連れ出しに誘い、二択にして彼女にカフェを選択させた。

 

その彼女とは・・・・・

女子大1年生
吹奏楽部
スレンダー
アイドル系美少女
肌綺麗
歯綺麗
眼は一重
笑顔が可愛い愛想のいい子

 

この年代は年上相手だからかあまり積極的にはしゃべらない子が多いが、この子はちゃんと自分からも喋る。
髪型はやや茶色でロングで毛先にカール入れてて、大学生っぽくてかわいい。
パン屋さんでバイトしているとのことで萌え~~。

 

間接法(道聞き)で入ってから、高等テクニックで連れ出しに話を誘導していくと、スターバックスがいいということで近くのタリーズではなく、スターバックスに行く。このあたり女子っぽい。僕たち男やおっさんはそこ拘りないポイントだからね。「普段スターバックスしか行かない♪」とか言ってた(笑)。ここ世代ギャップかな。

 

歩きながら年齢を聞かれたので、正直に答えると驚かれた。実際僕はかなり若く見えるのでサバ読んでもいいのだが、なるべく嘘はつかず、正直に答えるのが僕のポリシーだ。

 

着いたら20:50で後10分で店が閉まることになっていた。 したがって22時まで空いている近くの別のスタバにいくことも考えたがとどまった。なぜなら夜でも18℃くらいあり、外がコロシアム形式のオープンテラスになっていたので、そこのテーブルとイスに座ることにしたからだ。やはりナンパではホームグランドを持っておくことが連れ出しをスムーズに完工する上では圧倒的に有利だ。若い女子はなんとなく流されてナンパについてくるので、その分気変わりもしやすいのだ。若い女性は気分がコロコロ変わる物であり、そのことを利用するのがナンパである分、逆に作用してしまうこともあるのである。

 

キャラメルフラペチーノを注文する女子な彼女。僕はディカフコーヒー。当然サクッとおごる。そして外の風に吹かれながらコーヒー飲んで色々と喋る。ファッションセンスや髪型などを褒める。 そして彼氏はいないことが判明。高3以来いないとのこと。鉄は熱いうちに打てということで翌日日曜日や来週末のデートを打診すると、翌日はバイトだが、翌週末は最初OKというが直後に友達と約束あるからダメと答えが変わった。

 

向かいの都庁展望台に行こうかと言うと「いいよ」というので、席を立ち、まずはトイレに向かう。すると「もう遅いから今日は帰る」と言った。時間は21:30。気分がコロコロ変わるのが女子である。ここで無理に押さないのがジェイソン式誠実系ナンパ。

 

トイレから出たところで、「手を見せて?」と言う。カフェでも手の話題をしたが触れることはしていなかった。トイレの出口で立ったまま手を見て触って、そのまま歩き始める時に、「手を繋いでいい?」と言うと同時に手を繋ぐ。 「え、いや~。」と口では断る彼女だが、態度は拒絶していないので、手を繋いで歩き始める。

 

細くて冷たくてかよわい手で気持ちいい。19歳のお手々であ~~る。こっちも勃起~~。あはは。新宿駅まで手を繋ぎながら、そして勃起しながら歩く(笑)。楽しい!

 

ここで歩きながら色恋トークをする。先ほど翌週末のデートの誘いは失敗しているが、「桜見に行こう」という季節性を持たせたのと、決定的なのは「**ちゃんは可愛いね。付き合う前提でデートしようよ?」と誘うと相手のテンションもやや上がり、「私学生だけどいいんですか?」という女性ならではのテスト(Shit Test)をしてくるので、「高校生じゃないからいいんじゃない?」というと「あ、そうですね。」となった。そして「後でLINEしますね!」と言われたので死に番化は逃れられることは確信した。

 

手つなぎがうまく好作用したことは感じ取れた。 その夜遅くに「はい。桜見に行きたいです。」という返信がLINEにあったが、その後は途切れている。しばらく様子見だ。ナンパなので、こういうこともよくある。

 

やはり今の季節はナンパが成功しやすいし、何よりナンパは楽しい。2-3月はあまりできていなかったが、これからジャンジャンやっていくぞ~~

 

 

共有:
タイトルとURLをコピーしました