18歳の超絶美人ロシア人とデート

Lena Katina2 ネットナンパ
Lena Katina2

金曜夜の新宿ナンパ

すごい題名をつけたが、まずは金曜の夜のナンパナイトの話からしたいと思う。

金曜夜は仕事後にいつもナンパをしているが、今週末は2週連続の3連休なので当然のごとくナンパをした。
いつものナンパ友達S君とビックロで合流して、ゴーゴーカレーで食事をしてからナンパを開始した。
この日は3LINEゲットと好調だった。 3人の詳細は以下になる。

① 26歳OL
平行トークをした後、改札の近くで停まって15~20分くらい会話をした。 モテ系ファッションをしているために、見た目は若く見えて女子大生かと思った。 僕の好きな年齢層だ。 結構警戒心が高くて僕のことを疑ってかかっていたので、社員証や名刺見せることになった。 つくづくナンパは女性の警戒心との戦いだと思う。 そして無事に和んでLINEゲット。 うまく彼女のSHITテストをクリアしなければ、次はない物件だと思う。

② 巨乳のJD1年生
巨乳でモテ系ファッション(JJ系)をしていた。 結構ノリが良く、割とすぐにLINEゲットできた。 やっぱり若い子は楽だ。

③ OL1年目
顔は可愛くなかった。 立ち止まって会話をしていて、あっさりと「LINEはOK」と言うもなかなか交換しようとしない。 「友達に何か渡すので三人来る」と言っており、少し怪しいと思って放流した。 なんか不気味に感じた。 友達に聞くと「なにかのネットワークビジネスかも」とも想像していた。 したがって、3人目はLINEはゲットしていない。

▼ 実録オーディオに収録

これら3人の女性とのトーク内容はナンパ教材(実録オーディオ&テキスト)に収録されているので、興味のある方は是非購入してみてほしい。

 超絶美女のロシア人とネットナンパからのデート

ここからが、本題の超絶美人ロシア人とのデートの話だ。 日付は変わって土曜日のことだ。 ニューヨーク旅行について調べてて、気がつけば18時になっていた。

ネットナンパサイトを数ヶ月ぶりにやってみた。 外人ナンパは簡単であっさりアポが取れた。 とはいえ、待ち合わせは20:30に渋谷だ。

相手は写真だと相当に可愛い。 信じられないくらい可愛いロシア人。 しかもなんと18歳だ。 相手は僕の年齢を最初は気にしていたが会うことになったのだ。

渋谷で待ち合わせて、パスタ屋に行くことにした。 プロフィールから分かっていたが結構長身である。 しかしペッタンコの靴だったのでそれほど気にならなかった。 彼女はブロンドヘアの爆乳で、ロシア人歌手のt.A.T.u.(タトゥー)の金髪の方のLena Katinaに似ている。 超小顔でとても可愛らしい。 眼の色は緑である。 可愛らしい顔の美人で日本人受けがよさそうだ。

Lena Katina

パスタ屋の会話からも「彼女は結構お金持ちかな」と思えてきた。 「親がニューヨークのマンハッタンにマンションを持っていて、何度か行った事がある」とか、「父はロシアでIT系企業を経営している」などの話をしたからだ。 彼女は来日3ヵ月目で、3ヵ月間付き合った日本人と別れたばかりだそうでチャンスだ。 「今日はすごく暇だった」とのことだ。

割と彼女が積極的に質問をしてきて良い出だしだった。 趣味とかスポーツとか色々聞かれて、この辺りは日本人女性と同じだと思う。 ただ、「なんでその歳まで結婚していないの?」と聞かれたのは困った。 「結婚を考えた人はいたけど。」と言うと別れた理由を聞かれた。 俗にいうSHITテストだ。 男性はクイズにでも答えるノリで気軽に答えちゃうがこれが女性の仕掛ける罠つまりはテストなのだ。

ここまでは日本人と同じ会話の流れだった。 しかしその後、結婚したら仕事を辞めるという日本のよくある常識は彼女には偉く非常識に写るらしくおかんむりだった。 ちなみに今は日本で語学学校に通いながら大学進学の準備をしているということだった。 ただ「父の会社でも働いているステータスにあるので、たまに東京でビジネス上で人に会ったりもしている」と言っていた。

18歳の学生なので、会う前からおごることは決めていたので普通におごった。 でもこの後の会話などから大金持ちの娘ということが判明していくのだった・・。

レストランの後にどこに行くか探りを入れたら、「コーヒー、飲みどちらもOK」というが、レストランを出てから彼女が「コーヒーにしよう」と言ったので、渋谷の綺麗な町並み(宮益坂側)を歩き始めた。 「原宿まで散歩する?」と聞くと、「OK」といったので、原宿のカフェに行くことにした。 そして歩きながら「代々木公園に行く?」と聞くとOKしたので、それで決定となった。

Lena Katina3

21:30くらいから楽しくお散歩した。 公園に着くと、「ドリンクを買おう」と僕が言って自販機へ向かった。 そこにはインド人男性が三人いて、僕がいるのに彼女をナンパし始めた。 ”Hey beautiful!!  I wanna talk to you”とか言ってた。 それを軽くあしらう彼女は「ハリウッドスターのようでかっこよかった」などと言っている場合ではないか・・・。 夜の代々木公園はちょっと外国っぽいな。

ベンチに座って、ホットの缶コーヒーを飲みながら長く会話した。 そしてまた歩き始めた。 公園はとても和みやすいのでオススメなのだが、実際かなり和めた。 彼女は「30平米で11万円ぽっちのマンションに住んでいて狭すぎて耐えられないので引っ越したい。 100平米以下の場所には住んだことない。 ドイツに6年住んでいた。 父は44歳でIT企業の社長だ」などとセレブっぷりを発揮していた。 しかも一人娘のため両親からは溺愛されているようだった。

手つなぎは公園に行く途中の散歩では嫌がっていたが、「手を見せて?」から始め、軽いタッチをして徐々に触っていった。

ベンチでは手さわりはクリアして手をつないだりしたが、まだ抵抗感があった。 胸はドサクサに紛れて触ったりしたが、ワイヤーの入った硬いブラで爆乳の感触は分からない。

そしてまた歩き始めた。 会話がかなり盛り上がってきたので、ベンチを探して2度目の座っての会話をした。 今回はより積極的にタッチした。 マッサージをしたのだが、特に手へのマッサージにはうっとりしていた。 肩をマッサージしたり、交代して互いにマッサージしあったりした。

そしてハグをした。 1回目のベンチトークではキスは露骨に断られたが、今回のハグのどさくさに紛れてもダメだった。 やりすぎると逆効果だと思ったし、彼女からも「明確に逆効果だ」とも1回目のベンチで言われていた。

口説きの文句も何度か言ったが、年齢がネックらしい。 「24歳以下でないとダメ」とのことだった。 日本人女性は年齢は気にしないがロシア人は気にするのだなと思った。 外人相手の英語のネットナンパサイトであることから正直にプロフィールを書いており、年齢がリアルに伝わってしまっていた。 今後はサバを読もうかなと思ってしまった。 「どうみても20代にしか見えない」とよく言われるし。

彼女はすごくモテるみたいで武勇伝を色々と聞いた。 彼女とベンチに座っていた時も驚いた声で何かを報告しようとするので、「どうしたの?」と聞いてみると、「今カップルが目の前を通ったけど、男が女性が見ていない隙に私に向かって、笑顔で手を振ったよ」というのだ。 「女性と歩いているのに信じられないひどい行為だ。」と言っていた。 たしかに半ば信じがたいほどの話である。

公園内の公衆トイレを使うときも日本人とは違って大変な警戒のしようだった。 やはりもてるからなのだと思う。 僕がトイレ行く時も「なにかあったらあなたのせいだからね」と言われて、男の本能がくすぶられ、会ったばかりなのに頼りにされたことに嬉しくなった。

原宿駅の辺りに来ても「あの通りにアフリカ人がいて、強引にナンパされるんだよね」って、ジェスチャー交えてやってくれて面白かった。 「日本人、外国人を問わずに、すごくナンパされて嫌だ、街でいきなり話し掛けられるなんて信じられない。私が急いでいたり、何かの途中のこともあるのにね」と言っていたが、これは笑いをこらえるのに困った。 「僕も実はナンパ師なんだよね。 でも彼女はそんなことはわかっていないんだな」と改めて思い、ふと我に返った。 彼女はストナンした女ではなくネットナンパだから二人の関係はとても自然なのだ。

彼女はシベリア出身のロシア人とはいえ、アメリカ人から英語を学んでいたり、ドイツに六年住んでいたりで、完璧な英語は話すし、行動や仕草もかなり西洋人に近い。 特にロシア訛りが皆無の英語はとても会話しやすい。 日本語もそれなりにはできるはずだろうが、英語の方が流暢なので、僕とはずっと英語で話した。 僕も英語で話したいクチだ。 この日はそのままハグして明治神宮前駅で別れた。

ちょっとボディタッチをやりすぎて何度かきまずい雰囲気になったりもしたし、年齢を気にしているので、次があるかどうか分からないが、楽しく会話はできて、僕のことを気に入ってくれているところもあるはずなので、絶対に次にもつなげたい。 彼女は日本で大学に行くのでずっと日本に住む予定になる子だし、大金持ちの一人娘だし、彼氏と別れたばかりというチャンスもあるので、うまく物にしたい。

アメリカ人の友達に言わせると、「年齢などの懸念は先ほど述べた女からのShitテストなのでクリアできる」と言っていたので突破したい。 また「エロも欧米人に対しては信頼感・きずな(Rapport)を作ってからでないとうまく行かない」と言ってくれたが、このアドバイスはとても参考になった。 僕の経験からもその通りだと思う。

彼女も「僕のことを良く知らないし、会ったばかりだから」と手繋ぎすら拒んでいた段階からスタートして、最後はマッサージを使い手繋ぎはクリアしたが、やはり急激に進めすぎたかもしれない。 もちろん日本人相手ではこのやり方も有効で、このアメリカ人の友達も「日本人はセックスに解放的だ」と言っていたが、欧米人ではもっとゆっくり進めるべきであることは事実だろう。

とはいえ、「アメリカ人女性は日本人以上にセックスに対して解放的だ」と思うことも多いので、一概には言えないところもある。

Lena Katina4

このロシア人は僕と会ったばかりのときは僕に対して「なんか怖がってるよね。」と言っていたが、最後は「体重が日本に来て8キロ増えて謎だ」といったプライベートな悩みや「ロシアではモデルをしていた」という話をしてきた。 更に「(僕が)場所を変える? どこに座る? あっちに行く?などと質問を聞きすぎる」といった私的な指摘もしてきたので仲は深まったとは思う。 多分せかせか、そわそわしてるという意味でもあるだろう。 もっとどっぷり構えた男らしさを出さないとね。

体重は確かに前の姿は知らないが増えていると思う。 足、腕、あご、おなかなどに肉がついてきている。 サイトの女子高生時代の可愛い写真と比べてもさすがに8キロの違いはわかってしまう。

でも今日のファッションは青のノースリーブのワンピースに黒のカーディガンでとても可愛らしかった。 ロシアで買った服らしい。 身長が高くて手足が長いことから「日本ではサイズが短くてあわなくて困る」と言っていた。 あと彼女はとっても変わった良い香りがした。 何かの香水かは聞かなかった。

この子は「ロシアでモデルをしていた」ことからも分かるように、はっきり言って今までデートした白人の中では最も美しい女性だった。 日本人を含めてもトップクラスだ。 特にネットナンパしてきた中ではダントツに美しく大当たりだった。 「ネットナンパでもこういう奇跡が起きることもあるんだな」と思った。

しかも連絡したその日、その直後に会えている。 サイトに載せている写真もCG並みに可愛い。 僕にとっては数ヶ月ぶりに使ったサイトであり、これまでもそんなに利用しなかったため、プロフィールの出来映えも低いので、半ば信じがたい話ではある。 しかしこのサイトは今までもやたら反応が良かったので、日本で外人を狙ったネットナンパでは大いにオススメと言える。 成功率がとても高い気がする。 ちなみにこの子はこのサイト経由でかなりの男性と会ってきたそうだ。

今回使用したのはOK CUPIDというサイトである。 ちなみに僕がよく利用している日本人向けのネットナンパサイトはPC MAXハッピーメールである。

彼女は18歳だがとても成熟していて、日本人だと21-22歳くらいの感じだ。 でも行動は18歳のJD1年生そのものの時もあって可愛かった。 インド人3人にナンパされたときも、手を天に突き上げると同時に、「Yeah!」という感じで足を前に踏み出して、なんかアメリカの女子大生みたいだった。

渋谷は外人が非常に多いので、今後はストリートナンパでも外人を狙っていきたい。 LINE GETはできなかったが、先週末の新宿のフランス人は可愛かった。 そして外人のネットナンパは簡単でやりやすいので、ネットでもがんばりたい。

この日は18時までは家でネットをしていたが、やはり休みの日は家にいないで外に出た方が圧倒的に楽しいと思う。 最近は家にこもって、サイト作ったりゲームをしたりナンパ教材(実録オーディオ&テキスト)を制作したり、転職活動をしていた日もあったが、やはりナンパやデートは楽しい。 平日の仕事のストレスを忘れさせてくれるからだ。 この日は帰りの電車でも僕はご機嫌で夢中でアメリカ人の友達と今日のデートについてLINEでメッセージを送りあっていた。

Pick up material banner

関連する外人ナンパ記事

・ 今回のアポの続編はこちらのニューヨーク旅行後のナンパ生活だ。

・ 今回はネットナンパの話だったが、僕はストリートナンパがメイン舞台だ。 外人女性をストリートナンパでゲットした編も参考にしてほしい。

・ 外人ナンパ攻略法も参考にしてみてほしい。

・ 外人ナンパカテゴリーでは全ての外人ナンパ記事が読める。

ジェイソンのネットナンパ講座

ネットナンパについて更に知りたい方は私、ジェイソンのネットナンパ講座を見て頂きたい。

ジェイソンのナンパ教材

ナンパのコツやテクニックを学ぶには僕、ジェイソンが自信を持ってお送りするナンパ教材(タイトル:ナンパを科学するジェイソン式誠実系ナンパテクニック)をオススメしたい。 実録オーディオとテキストの2段構成だが、これで学習すると誠実系ナンパの仕方は手に取るようにわかるようになるはずだ。

ナンパ教材

ジェイソンのナンパ塾

僕運営しているナンパ塾にてマンツーマンでナンパの仕方を学びたい方はジェイソンのナンパ塾の詳細ページを見てほしい。 東京で講習を行っている。

週刊SPA!の取材

週刊SPA!から外人ナンパの取材を受けた。 2015年1月27日発売の週刊SPA!2月3日号にて「外国人美女と付き合うのは簡単だった」という記事になっている。

共有:
タイトルとURLをコピーしました