出張ナンパ|岡山爆乳伝説

posted in: 関西ナンパ編 | 0

水着の爆乳女性

 

岡山出張で爆乳美女と戯れた件

今日は岡山に出張していた。 昼休みに街を歩いていたら推定Jカップのバークニーウーでしかもなんとスト9の美女が同じく美女の友人と街を闊歩していた。

 

僕はためらうこともなく逆3(男1 VS 女2)でバークニーウーに声をかけた。 21歳の看護士だった。 無理のない自然な平行トークを繰り広げたが、クレド岡山というファッションビルに買い物に行くということだった。

 

敷居の高い逆3を成功させるコツとしては一人の女性に集中することである。 敢えて両方と話そうとせず、自分がどちらの女性に興味があるのかを明確にしておくのだ。 個人的に複数人数のナンパの難易度は低い順に①正3(男2 VS 女1)、②逆3、③コンビだと思っている。 以外に思えるかもしれないがコンビは非常に難しいのだ。 パートナーの男性との相性もあるし、女性は二人になるとかなりの強敵になることもあるためだ。

 

次に男性が2名のナンパの場合まずは次のようなポジショニングを取ることがコツだ。

 

正3

という並び

 

コンビ

という並びからまたはという並びにシフトすることだ。

 

最初に女を男二人で囲まないことがポイントなのだが、その理由は女性の警戒心を高めないためだ。

 

 

そんなわけで爆乳女友達というポジショニングで爆乳を徹底マークして勃起しながら岡山の街を闊歩していた。 特に看護師好きの僕としてはテンション上がりまくりだ。 僕の息子も上向き上昇カーブを描いている。 でもさすがに女は二人になると強い。 彼女からは「かわいい顔して可愛いなんていわれてもねぇ」とか、「(僕の)声がかわいい」と言われてからかわれていた。 やけになった僕は「胸大きいね!」と言ったら「むっちゃ嫌いになった」と言われた。 コンプレックスなのかもしれない。

 

三人で連れ出し出来ていたかもしれないけど、またしても仕事が気になってしまった。 でも彼女たちと別れたすぐ後に直帰にしてしまったというお粗末なオチだ。 普通に考えたら岡山まで行っておいて大阪の会社に戻るって50:50の感じだ。 アウェイは土地勘がないからこんなもんかな。 僕は予定を変更するの下手かもしれない。

 

でも彼女からは友達みたいに「バイバイ」って言ってもらえて嬉しかった。 一応腕を触り、ドサクサに紛れて下乳も軽く触っちゃったがかなりボリューミーなお乳であることが感じられた。

 

今日はコールドリーディングで彼女の看護士という職業をみごと当てることができた。 当てられた当人はかなりビックリしていた。 最近の僕はすごく勘がさえている。 さすが毎日ナンパしてるだけに動物の勘がある。 また看護士に惚れやすい性格もあるかな。 先日移動中に梅田でナンパした宝塚の子も渋谷で惚れた子も昔の元カノも皆看護士だ。
その後、天満屋(百貨店)のエスカレーターで派手なピンクのパンチラゲット。 岡山には性(エロス)の神様がいたのかもしれない。

 

岡山は広島には劣るがそこそこ都会だしナンパしやすい場所かもしれない。 皆関西以上に話聞いてくれる。 東京がいちばん冷たいな。

 

そんなわけで岡山ナンパ楽しかった。 成果はなかったもののオキャヤマでバークニーウーとたっぷり戯れてきた。  俺はどこにでも住める自信がついてきた。

 

 

 

 

共有: