ナンパで結婚できるか身をもって検証中

Thinking out loud アポ・デート

Thinking out loud

 

ナンパから結婚までリアルに近づいてきた

2014年12月にナンパで婚活するという選択肢が軌道に乗り出したという記事を書いてから4か月半という結構な時間が経過した。 2014年11月にナンパで出会った彼女とすごく相性が合って結婚まで行きそうだと書いたのだが、それ以降も順風満帆な恋愛生活を送ってきた。 毎週のように会ってデートして彼女の家に泊まった。 週に3日以上会うこともあった。

 

彼女に出会う少し前に車を買ったことがプラスに作用したと思う。 車は究極のモテアイテムと気付いたという記事でも書いたがモテるには車は必須アイテムかもしれない。 彼女は僕が運転する横顔に惚れたというし、彼女の母親に会った時も「いつも車で送ってもらっているそうでありがとうございます」と言っていた。 これは以前に同じくナンパで知り合って付き合っていた10歳歳下の女性の母親からも全く同じことを言われたことがある。

 

彼女とは心が繋がっていると思える。 彼女が腰が痛いと僕も痛くなったりもした。 また今まで一度も痛くなったことがない股関節も同時に痛くなったこともあった。 色んな場所に出かけて、同じ経験を共有した。 ジョギングを一緒にしたり、ショッピングしたり、旅行をしたりした。

 

彼女とは歳も近いし猫好きという共通点もあって話も合うのだ。 実は僕は犬も好きなのだが、彼女が異常なまでに猫大好き人間で、実家で猫も飼っているので、猫に合わせているところもある。 彼女に言わせると僕が猫好き人間であることもパートナー選びに重要なポイントだと言っていた。

 

何より彼女は一緒にいても全く疲れないのだ。 自然体でいられるのだ。 彼女も「ジェイソンほど合う人には会ったことがない」とよく語っていた。 これは出会ってすぐの段階から言っていて、「出会って間もないのにこんなに親密になるなんて不思議だ」とよく共に語っていたし、僕は「前世で知り合いだったとしか思えないくらいだね」なんて言っていたほどに1か月後には関係は相当親密であった。

 

共に土日祝日が休みであることなどから共に行動をしやすかったというのもあるのだが性格が合っているのは間違いない。 よく同時に同じ言葉を発していて本当に双子みたいだった。 好みや考え方もよく似ているのだ。 そして今のこの気持ちを70歳になっても持っていられると感じるのだ。 結婚は見た目よりも性格の一致が何よりも大切だと思う。 よく離婚原因に性格の不一致と聞くではないか。

 

 

Ed Sheeran(エド・シーラン)の大ヒット曲に通ずる思い

Ed Sheeran

 

この思いは24歳のイギリス人歌手Ed Sheeran(エド・シーラン)が「Thinking out loud」という2014年の大ヒット曲に載せた気持ちに通ずるものがある。 皆さんもどこかで聴いたことがあるかもしれない。 涙が出るほどに良い曲だと思う。

 

  • Official Video

 

 

  • Capital FMでのセッション

 

 

  • Live動画(NBCの2014年Voice)

 

 

歌詞  “Thinking out loud” by Ed Sheeran(エド・シーラン)

 

When your legs don’t work like they used to before
And I can’t sweep you off of your feet
Will your mouth still remember the taste of my love?
Will your eyes still smile from your cheeks?

 

足だって今みたいに動かせないし 
こっちはこっちでその体を抱きかかえてもあげられない
そんな風になった時でも2人でしたあのキスをまだちゃんと覚えていて
作り笑いなんかじゃない本当の笑顔を見せてくれる?

 

And, darling, I will be loving you ‘til we’re 70
And, baby, my heart could still fall as hard at 23
And I’m thinking ‘bout how people fall in love in mysterious ways
Maybe just the touch of a hand
Well, me—I fall in love with you every single day
And I just wanna tell you I am

 

ダーリンきっとその時も
この気持ちは変わってないよ
お互い70になったって
ベイビイこの気持ちは変わらない
23の今と同じだ

こうやってつい口に出して考える
みんなどんな不思議な縁で誰かを好きになるんだろうって
ちょっと手が触れたとか多分小さなことなんだ
だけど多分それだって自分はどうなのって聞かれたら
君を好きにならない日はないって
そんな風に答えるよ
とにかくそれだけはわかってほしい

 

So honey now
Take me into your loving arms
Kiss me under the light of a thousand stars
Place your head on my beating heart
I’m thinking out loud
That maybe we found love right where we are

 

さあだから
その優しい腕で抱きしめて
満天の星空の下キスをして
その耳で胸の鼓動を聞いて欲しい
こうやってつい口に出して考える
きっと僕らは互いのありのままを愛せてるんだろうって

When my hair’s all but gone and my memory fades
And the crowds don’t remember my name
When my hands don’t play the strings the same way
I know you will still love me the same

 

髪の毛が薄くなり記憶も怪しくなってきて
大衆から僕の名前は忘れられて
ギターだって今みたいに上手に弾けなくなったとしても
それでも今と変わらずに想っててくれるってことはちゃんとわかってる

 

‘Cause honey your soul could never grow old, it’s evergreen
And, baby, your smile’s forever in my mind and memory
I’m thinking ‘bout how people fall in love in mysterious ways
Maybe it’s all part of a plan
Well, I’ll just keep on making the same mistakes
Hoping that you’ll understand

 

だってその魂は年老いることはなく、今とずっと変わらずに若い頃のままだから
ベイビイずっといつまでもその笑顔だけは忘れない

こうやってつい口に出して考える
みんなどんな不思議な縁で誰かを好きになるんだろうって
だけどそれだって最初からちゃんとそうなるように決まっていたことなのかもしれない
これからも同じ失敗をきっと何度も繰り返すけど
どうか怒らないでいて欲しい

 

But, baby, now
Take me into your loving arms
Kiss me under the light of a thousand stars
Place your head on my beating heart
Thinking out loud
That maybe we found love right where we are

 

さあだから
その優しい腕で抱きしめて
満天の星空の下キスをして
その耳で胸の鼓動を聞いて欲しい
今もこうやって声に出して考えてる
きっと僕らは互いのありのままを愛せてるんだろうって

 

So, baby, now
Take me into your loving arms
Kiss me under the light of a thousand stars
Oh, darling, place your head on my beating heart
I’m thinking out loud
That maybe we found love right where we are
Oh, baby, we found love right where we are
And we found love right where we are

 

さあだから
その優しい腕で抱きしめて
満天の星空の下キスをして
その耳で胸の鼓動を聞いて欲しい
こうやってつい口に出して考える
きっと僕らは互いのありのままを愛せてるんだろうって

 

 

恋する思いは止められない

初春には二泊三日で伊豆半島に僕の車で旅行に行って、河津桜を見たり海を見たりして美しい半島を一周してきた。 夜はホテルで豪華な食事を食べて温泉を楽しんだ。

 

その後に都内の彼女の実家で母親に会った。 実家へは母親がいない時に二人で行って猫には挨拶は済ましておいていた。 だから後日に行っても猫ちゃんは僕のことを覚えていてくれていて、会って匂いをクンクンと嗅ぐなり、「ニャア〜」と鳴いた。

 

彼女はアラサーで日本の最難関私大を現役で卒業し、TOP100に入るような一流企業に勤めている。  家は開業医であり、二人いる兄弟は国内の最難関国立大を卒業し、二人とも文系・理系と違えども最もステータスのある職業に就いている。 彼女は百貨店の外商カードを何枚も持っていて都心の百貨店の駐車場に長時間無料で停められるというメリットもある。 とにかく生活スタイルがワンランク上なのだ。 彼女自身も実家に近い都心のマンションに会社の住宅手当を受けて安く住んでいる。 したがって僕が彼女の家に泊まることが多くなっている。

 

まもなく単身赴任している彼女の父親の住む地に訪れることになっている。 そんなに遠くなくて母親も頻繁に訪れているのだが父親はそこにも持家を持っているのだ。 その後は僕の実家にゴールデンウィークに二人で訪れる予定だ。 今は彼女が試験を受けるので、LINE通話も会うこともできていないが、長い人生を考えると彼女のためにこのくらいの犠牲は当然だ。 僕は彼女のためならどんな犠牲を払うことも厭わない覚悟でいる。

 

ナンパからでも純愛はできるのだ。 無事にゴールインしたい。 まずは彼女の試験が終わると早々にプロポーズしないといけないが、先述したとおりしばらくはお互いの親に会ったりしてバタバタすることになる。

 

 

恋愛そして結婚とは? 

人を愛するって素晴らしいことだと思う。 生きる活力になる。 毎日の生活に張りが生まれる。 暗闇の中に光が差すように、あるいは大雨の後の暖かい日差しのように今までなかったところに新たな希望が生まれる。 今後は二人で人生の同じページを刻んでいきたい。 多くの物を見て感じて二人で人生を共に歩んでいく。

 

結婚とは二つの物が一つになること。 二人が一つのチームを作ること。 僕の母が「二人で力を併せれば何でも解決できるし、今まではできなかったこともできるようになる」と以前に言っていた。 自分の両親にも感謝して可愛い孫の顔を見せてあげたい。

 

太古の時代から男女は不思議なきっかけで出会い恋に落ちてきた。 ナンパも生物の進化論からすれば全うなことだ。 男が子孫を残すために積極的に出会いを見つける行為なのだ。 そして人生で一番大事な事は希望を持ち続けることかもしれない。 嵐の後には晴れが必ず来る。 ずっと嵐なんてありえない。 ナンパで結果が出なくても諦めないでいてほしいと思う。

 

 

一連の婚活関連のブログ記事

① ナンパで婚活するという選択肢が軌道に乗り出した

② ナンパで結婚できるか身をもって検証中 (当記事)

③  遂にナンパからプロポーズへと発展

④ ナンパから幸せな結婚や逆玉婚をするには?

⑤ 新婚旅行から帰って来た|ナンパのモチベーションの高め方と地蔵克服法

 

 

色々な婚活の方法を考えてみた

僕はストリートナンパで婚活派なのだが、ストリートナンパは敷居が高いと感じる人もいるので、そういった人達はネットで婚活もありだ。 ネットで資料を請求して結婚相談所に行くのも良いし、ネットナンパ的に婚活中の女性を婚活ネトナンサイトで釣るのもありだ。 以下に幾つか見つけて来たので参考にしてみてほしい。

 

 

▼ お見合いパーティーのシャン・クレール

お見合いパーティーのシャン・クレールは1件1,200円から参加可能だ。


 

▼ youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)はYYCと言う出会い系サイトも手掛ける日本のSNSの先駆けであるミクシィ(Mixi)グループの婚活サイトである。 言ってみれば自分のプロフィールを掲載してから好みの相手を探すというネットナンパサイトのノリである。  僕の周辺の利用者からの評判も良い。 素敵な女性と出会えるようだ。


 

▼ ラブサーチ縁結び

「ラブサーチ縁結び」は定額制出会い系サイトとして有名なラブサーチが手がけるネットナンパ型の定額制婚活サイトである。 ラブサーチは業者や援助交際などが少なく、真面目な出会いを求めている女性が多い。 その出会いやすさから非常にオススメである。 僕の周りでも満足度は高い。


 

▼ 婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

クラブ・マリッジは一人一人の婚活にプロデューサーがついて手取り足取り面倒を見てくれる。


共有:
タイトルとURLをコピーしました