週刊FRIDAYの取材を受けました

週刊FRIDAY12月5日号 表紙 外人ナンパ

週刊FRIDAY12月5日号 表紙

 

週刊FRIDAYからジュリアン・ブランク関連の取材を受けました

 

アメリカ人ナンパ講師のジュリアン・ブランク騒動に関して記事を書いたところ、天下の講談社さんから取材を受けました。 ジュリアン・ブランクとは世界最大のナンパコミュニティのRSD Nationに所属するナンパ塾講師です。 彼が女性を侮辱するような言動をし、日本人女性をも馬鹿にしたような発言をしていたので、日本を始め世界中から叩かれて炎上し、世界各国で入国拒否騒動を生むことにまでなったのです。

 

 

ジュリアンブランクに関するブログ記事

ナンパ師ジュリアン・ブランクの大騒動とその恐るべき真相

ナンパ師ジュリアン・ブランクがCNNの番組で謝罪

 

 

2014/11/21発売の週刊FRIDAY(フライデー)、12/5号でジュリアン・ブランクの特集を組みたいということだったのです。 ナンパ講座、ジュリアン・ブランク入国拒否運動、ジュリアン・ブランクとRSDのセミナー内容などについての取材でした。

 

RSDのことを知っている日本人はほとんどいないため、私の話がお役に立ったのではないかと思います。 私はアメリカ人ナンパ師のE君と仲が良いために以前からRSDについてはよく聞いていました。 特にTyler Durden(タイラー・ダーデン)はとても気に入っていました。 彼の心理学の修士号の経験を生かした話はとてもためになるのです。

 

講談社の記者さんはなんと若い女性の記者でした。 若い女性を相手にナンパについて話をするのは初めてでしたので、なんか興奮してしまいました。 ここだけの話ですよ。 いつものナンパ講習やナンパ合流は年下か同世代の男性ばかりですからね。

 

とはいえ、このサイトの過去3か月間の訪問者の17%は女性だということが最近分かりました。 女性の方は回れ右! ちなみにジュリアン・ブランク騒動に湧いていた11月中旬は33%が女性でした。 こういったデータも最近は取れるようになりました。

 

フェミニストの方を刺激するようなことは書いていないのですが、それでも女性を対象に書いていなかったのでちょっと驚きました。 せいぜい誤差の5%くらいかと思っていたのです。 僕は女性には「優しく、優しく、優しく」というのをモットーにしていますからね。 そして「自分だけが得をして相手が損をするのはNG。 相手の立場で考える。」ということも常に考えています。

 

 

テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」への取材協力

このジュリアン・ブランク騒動からほぼ9カ月経った2015年8月にはテレビ朝日さんの「ビートたけしのTVタックル」から取材協力のご依頼がありました。 「一時期話題になったあのニュースのその後」というコーナーにて「ジュリアンブランク騒動」が取り上げられることになり、私が全面的に取材協力をして情報を提供しました。

 

取材の詳細は「テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」に取材協力をした」をご覧下さい。

 

ビートたけしのTVタックル

 

 

雑誌取材に関するブログ記事

① 2014年6月には扶桑社の週刊SPAから店内ナンパに関する取材を受けました。

週刊SPA!のナンパ企画の取材を受けました

 

② 2015年1月27日発売の週刊SPA!2月3日号では「外国人美女と付き合うのは簡単だった」ということで外人ナンパの記事が載りました。

週刊SPA!から外人ナンパの取材を受けました

 

③ 2015年2月3日発売の週刊SPA!2月10日号では「知られざるナンパスポット」ということで店内ナンパの記事が載りました。

週刊SPA!に店内ナンパの記事が載りました

 

 

マスコミ取材に関するブログ記事

マスコミ取材の記事カテゴリー一覧

 

 

共有:
タイトルとURLをコピーしました