東京ナンパ市場(ナンパ場所編)|私のナンパ経験からの気づき1

渋谷109 ストリートナンパ講座(理論とテクニック)
渋谷109

東京のナンパ市場|ナンパ場所編

私のナンパ経験から東京でのナンパ市場の気づきについて簡単に思いつくままにまとめてみる。

まずはナンパする街だ。 以下の3つの街は東京ナンパで基本となる街だ。 どの街にもそれぞれの良さがあって色んな思い出が詰まっている。

① 新宿

新宿にはルミネ1、2、ルミネエスト、丸井、ミロード、Forever21、アルタ、ビックロなど若い物件の好む商業施設が多いために可愛い子や若い子(25歳以下)が多い。 伊勢丹や高島屋もあるためにOver25も多くあらゆるナンパ師のニーズに合致したパーフェクトな街である。 更に新宿駅は地下街や屋内が発達しているために夜間、悪天候、夏冬などでも快適にナンパが楽しめる仕様となっている。

東口

ルミネEST、アルタ、サブナード、伊勢丹、丸井、ビックロ、東口のショッピング街などがあり、商業区域としては一番大きい。 ナンパに向いた若くて可愛い女性が多いがガンシカも多い。 また歌舞伎町に繋がる出口であるためにスカウトが多い。 渋谷に層は近いし反応も似ている。

南口(東南口、新南口)

ルミネ1、ルミネ2、ミロード、Forever21、高島屋、小田急百貨店などがあり東口と同様に若くて可愛い子が多い。 反応は東口より良い。 欠点は屋内通路が狭いこと。 競合ナンパ師が少ないのも良い。 水商売系のナンパ師やキャッチ、スカウトがいないので市場が荒らされていない。  ただし通勤通学の人も多く急いでいたりするし屋内通路が狭いために混雑する。

2016年春の完成予定で新南口に33階建てのJRの駅ビルが建設される。 1~5階はルミネとなる予定で新宿駅の人の流れと屋内ナンパスポットの様相が大きく変わるはずであり期待をしてよい。

新宿駅新南口

西口

西口地下は広々していて声かけしやすく反応も良いが周辺に若者向けのショッピングスポットが少なく、老若男女問わず様々な層が歩いている。 よってターゲット層の割合は少ない。 また地下とは言え天井が空いているので冬はそれなりに寒いし、夏も暑い。
まとめると西口、東口、南口、東南口とどのエリアにおいてもナンパができるので新宿はおすすめである。どの出口でもナンパができる数少ない都市である。 大阪や名古屋も知っているがこんな街は他にはあまりない。 また広大な地下街があり天候の厳しい日や夜間でも余裕でやれる。

② 渋谷

ナンパ師の多いナンパパラダイスである。 年齢層は低めであるが原宿よりは高くナンパに向いたJD世代が多い。 休みの日は高校生も多くいるが、社会人の我々は高校生はナンパしないほうが良い。

渋谷の女子大生

センター街周辺

東京でも最も可愛い子が集まるともいえる。 ナンパが盛んな分反応も悪くガンシカ率は高めである。 週末の物件はソロではないことも多い。

センター街周辺は全てナンパスポットであるが基本的には屋外である。 地下街があまりないために天候の厳しい日はつらい。 ガンシカ率が高いのはナンパが盛んで競合が多いこと以外にも屋外であることも影響しているだろう。 夜間に屋外でやると人間の防衛本能から反応が悪くなるのだ。

ハチ公口

渋谷駅でもナンパに適するのはハチ公口だ、駅自体は屋内区間(地下や2階部)が狭くナンパに適さないが、地上部分は最もナンパに適している。 ただし混雑する場所でもある。 ハチ公口からセンター街周辺は半径500メートルくらい地上全域でナンパがしやすいのだ。 どこでもナンパが出来ると言って良い。

東急線(東京メトロ副都心線)

東急東横線(東京メトロ副都心線)の地下への移転と渋谷ヒカリエの建設に伴って、これまであまり地下街や屋内通路が発達していなかった渋谷に新たなナンパシーンが誕生した。 東急線の連絡通路でナンパができるのだ。 欠点としては特に平日の夜は人が急いで歩いている傾向にある点だ。 そのため間接法が良いと思われる。

京王井の頭線

ハチ公口へとつながる2階通路は距離は短いが屋内でナンパをしたい時にオススメである。

渋谷は街に刺激があり楽しいのでオススメである。 渋谷ならではの若くてオシャレな女性が多いし、街全体に自由で若い空気が漂っているために東京で最もナンパに寛容な街である。 つまりナンパをしていても全く浮かないという日本全体を見渡しても他にないようなナンパタウンなのである。 渋谷はスクランブル交差点や109前を除いてはスカウトがあまりいないのもオススメのポイントだ。 渋谷はナンパ師なら必ず通る道だ。

③ 池袋

街や歩いている層は新宿に似ているが女性のレベルはやや落ちる。 やや庶民的な雰囲気の漂う街だ。 若い子が多く反応は良い。 メインは東口や駅構内になる。 南口や西口はサブ的に可能だ。 北口はキャッチやスカウトが多く柄が悪いのでナンパには向いていない。

駅構内

駅構内の地下街は広大である上にフットボール場のように長方形になっており、どこからでも目的地に向かうことが出来るなど迷路化していなく歩きやすい。 その点新宿は迷路のようだ。 新宿はたとえるとL字型であり、ある方向には地上を通らないと行けない。一方で池袋はグルグルと円形に地下を歩き回れる。

東口

東口の地上全域でナンパができる。 特にサンシャイン通りやサンシャインシティアルパのあたりがやりやすい。 しかしサンシャイン通りはアグレッシブなスカウトがいる縄張りエリアがあり、知らずに派手にやるナンパ師が良く絡まれることでも知られている。 池袋は意外とスカウトとナンパ師のトラブルが多い街だ。

渋谷ではあまり聞かないし、新宿も歌舞伎町にそういったスカウトとの問題は集中しているのと歌舞伎町=水商売というイメージを誰でも持っているために避けてやっているので問題にならないが、池袋では縄張りが分かりづらいためにトラブルになるのかもしれない。 とはいえスカウトが多い新宿東口ですらあまりトラブルの話は聞かない。

以上、私がオススメする3つの街だ。

④ 横浜

横浜駅界隈も良い。 非常に反応が良いし可愛い子が多い。 街の性格としては新宿、池袋に似ている。 最近(2012年8月)にやったが反応の良さに驚いた。 前日に新宿で坊主だったのに横浜ではガンシカがほとんどなくてあっさりTMGできた。

横浜はナンパヘブン、いやナンパフロンティアかもしれない。 最後の聖地、いや性地か?

但し編集後記として3年後の2015年4月に思うこととしては横浜と横浜の反応は大きくは変わらないということである。 歩いている層も似ている。 横浜の方が若干ローカル感があるかなというくらいだ。

⑤ ローカル駅

案外ローカルもやれる。 例えば立川はオススメだ。 その一方で吉祥寺はあまりよくなかったりする。

町田は反応は良いが、まだ結果が出ていないのでなんともいえない。

川崎や大宮はあまりよくない。

以上は私見ではある。

全3回から成るナンパからの気づきシリーズの全容は以下である。

東京ナンパ市場(ナンパ場所編)|私のナンパ経験からの気づき1

ナンパの3つのステージと概念|私のナンパ経験からの気づき2

モテるために必要な努力とは|私のナンパ経験からの気づき3

共有:

コメント

  1. 零時 より:

    いつも楽しく拝見させてもらっています。
    同時に、めげそうになったとき
    モテリーマンさんのブログに勇気を貰ってます。
    ところで、銀座、有楽町はスポットとしてどう思われますか?
    個人的に成果が上がらない印象なのですが。

  2. ジェイソン より:

    非常に遅い返信ですみません。
    有楽町、銀座で最近やりましたが、よかったですよ。

  3. yasuyuki より:

    はじめまして。
    川崎については同意ですが、大宮が良くないと思われた理由を教えていただけますか?
    私の見解では大宮はそこそこ女の反応は良いと思っています。

  4. Jason より:

    Yasuyukiさん
    ご意見ありがとうございました。参考にさせていただきます。
    なるほどですね。最近は大宮はやっていません。
    この記事は人気なので、今度もう少し詳しく更新させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました