アポの合間にナースを連れ出して運命の出会いと感じた

可愛いナース 新宿

you-are-my-destiny

 

2012/9/1(土)

前回、「悪いことが連続して訪れた後に絶好調期が来ている」と述べたが、今日は更にいいことが起きた。
歴史に残る良い日だった。

 

 

セフレとの久々の再会

今週は水曜から本当に良い週だったが忙しかった。 近々行く予定のアメリカ旅行のレンタカーの予約や、新しいスマホを驚異的な運のよさでゲットした後に設定に時間がかかったりして忙しかった。

 

金曜夜に以前からの女友達にメールをして明日遊ぼうと伝えた。 以前から当ブログに登場している札幌の女性なのだが、この人もきまぐれなのだ。 しばらく札幌に帰っていて、「8月に戻ってきた」というので前から会おうと思っていた。

 

OKしてくれたが、きまぐれなので、やや警戒しつつも新宿に向かった。
メールでやりとりする中で「1930までしか遊べない」と言われたので早い時間から会いたかったが、いつものようにスムーズではないメールのやりとりで、早い時間は間に合わず1630のアポとなった。 しかしながら1540くらいには新宿に来ていたことが後でわかった。

 

アポに向かう途中でナンパしていきなり連れ出し成功

新宿駅南口に着いて待ち合わせ場所に向かうまでの3分でナンパする僕。
そして、そのわずか1声で連れ出し成功する僕。
強運が今もついてくれています!!!

 

出ました。 電光石火の1声かけ1連れ出し。 所要時間15-30秒!
黄緑とピンクというパステルカラーの服装と横顔がかわいくて瞬時に声かけをしたのだが、「今、プラプラしている。」とのゴールデンアンサーを得たのだ。
木曜の連れ出しに続いて、最近は新宿駅南口との相性良すぎ。 というか、去年の前田敦子似の彼女と出会ったのも南口だった。 他にも南口では数々の運命的な出会いがあった。 ここから彼女化したこと数知れず。 僕にとっては神が付いている場所かもしれない。 狭いからそれほどやりやすい場所ではないのだが運はついていると思う。

 

連れ出しを誘う言葉を発してしまったが、今から女友達との久しぶりのデートなのだ。 でも友達からは連絡が途絶えている。 Forever 21で買い物をしているのはわかっていたが、どうなるのかがいまいち不透明であった。

 

とりあえず、正直に「1930からなら遊べるので食事しよう」と伝えた。 そして「スマホに赤外線通信機能が無い」と言うと困った様子。 「スマホの電池が無い」というので、TEL番GETをしてSMSをすることにした。

 

運がよすぎるともったいないと思った。 運の悪いときなら坊主なのに、運がよいとアポに向かう途中で連れ出しに成功してしまい、一旦連れ出しを諦めることになる。

 

セフレとの久しぶりの再会で電光石火のセックス

とりあえず待ち合わせ場所につく。 彼女は「会計に時間がかかっている」とメールしてきたので待つ。 16:42くらいに彼女が到着した。

 

着くなり、「久しぶりに会ったし、二人きりでいちゃいちゃしたい。 ホテルいこ? まだ行ったことないでしょ?」と切り出すと、さすが強運がついているだけあって、なんと「うんいいよ。」とあっさりOK。

 

これはあんまり期待しすぎずに待ち合わせ場所に向かっただけにびっくりした。 やったやった! 強運がついてる!!! 運気が戻ってきた。

 

1655にお気に入りの新宿駅西口の安い穴場ラブホテルに着くも「満室で1715に戻ってきてください」とのこと。 バッグの中にコンドームが無いと思い、パニックになって慌てて薬局で買ってしまったが、よくみたら一個あった。 それから時間潰しにユニクロへ行った。

 

そこでさっきの連れ出しの約束をした子にSMSをした。 バッテリーがないことを気遣い、一発目のメールで時間と待ち合わせ場所を指定した。 すると後ほど「今、品川にいる」と返信がきた。 あまり期待せずに1945に品川で会う約束をした。

 

話をラブホテルに戻そう。 2時間休憩でチャックインし、ニャンニャンを楽しんだ。
すこし生でやったが、冗談で「中で出していい?」と聞くと、なんと「いいよ」という彼女。
「妊娠するよ。いいの?」と聞いても、受け身の答え。 きっとMなのかな。
「でも、冗談だよ」と僕は言っておいた。

 

途中でゴムを装着しFinish。 色々とピロートークをして楽しかった。

 

 

先ほどナンパした女性との品川アポ

そして1910にはホテルを出て品川に向かう。 友達とは1915にバイバイした。 2:30のデートだったが、ホテルでゆっくりしたからもっと長く感じた。

 

品川の待ち合わせ場所として僕からは改札出口を指定したのに、彼女からはとあるBarを指定されたので、スマホで場所を調べながら向かう。

 

ついたがいない。 途方にくれて店の外にでたところで彼女が現れる。 普通はこんなところを待ち合わせ場所に指定したりしないと思うような場所だったが、彼女は「分かりやすいと思った」と言っていた。 なんでこれから利用しないBarを指定したのか分からないし、「そのBarで待っている」とSMSには書いていたのに店内にいなかったのは謎だ。
とにかく、そのままその子が行きたいという別のBarに行った。
途中で年齢を聞かれたので言ったら、
かなり驚かれた。 「若く見えるね」と言われた。

 

歩いて到着したBarが狭くて、うるさかった。 しかも料理は小さい割にはとても高かった。

 

 

ナースとの運命的な出会い

可愛いナース

 

しかしこれが運命の出会いの始まりだったのだ。 騒がしくて狭いことなど忘れるくらいに楽しいひと時をこれから過ごすことになろうことはこの時点では知る由もなかった。

 

笑顔のかわいい彼女とうるさくせまいBarで食事。 しかし彼女とは会話が合うのだ。 途中からは狭くてうるさいことなど忘れていた。

 

彼女とは多くの共通点が見つかった。彼女の職業はナースなのだ。

 

キターーー!!!!。 読者の方なら知っていようが、私はナースとの巡り合いがよいのだ。惚 れる女や付き合う女にナースが多い人生なのだ。 これは運命なのだろうと思う。

 

前回までの医学部生も医療だしね。 今日この医学部生にメアド変更のメール送ったら、返信が来た。 破局にはなってないみたいだけど、忙しいようで次会うのは10月のようだ。 トホホ。 最後に会ったのは7月28日だ。

 

話を戻そう。彼女とは海外への興味や好きな音楽、兄弟構成など共通点がとても多い。
特に海外の話をするととても食いついてきた。これが今回のターニングポイントだったように思う。

 

ここで海外について熱く会話する。英語が得意なことなども話した。
そうすると彼女がとてもなついてきて、「英語を是非教えてください。」と何度も言われたし、恋愛感などを語り合った。

 

そして「ナンパなので最初は警戒しててごめんなさい。でもここまで話して安心した。信用できる人だとおもった。 ここからはタメ口で話してもいい?なんて呼んで欲しい?」と言われた。
これは確実な彼女化のサインである。 そこからはお互い「ちゃん」付けで呼んだ。「なんて呼べばいい」って女性の方から言い出してもらえるって嬉しいし、僕に気があるのだろう。

 

「海外旅行に一緒に行きたい」とも言われた。 この子は性格がとてもいい子で「あまりお金もってないです」と言いながら、「いくら払えばいい?」と聞いてきたので、「自分の飲み物代だけでいいよ」と言うと、真剣に財布をあさりながら、「あまりお金ないです」と言いながら、小銭だらけの410円を出してきた。 実際は一杯で980円もするのだが、しっかりとその熱い気持ちに応えるために受け取っておいた。 会計は5000円近かった。 とても割高な店だった。 二人分だとお通し1000円で、ギネスの500mLが1,960円だった。 料理はHubよりずっとよかったが、店のレベルはHubに近しい程度の店でこれだった。 やっぱり女性に選ばせるとよくないな。 特に二十歳程度の若い女性の眼は微妙だ。 待ち合わせ場所を駅から離れた分かりづらいBarにしたりとなんだか頼りない。 結局そのBarは利用していないしね。

 

彼女の人生観が素晴らしかった。 とてつもなく前向きな考えを持っており、更にすごく熱いハートと美しい心を併せ持っているのだ。

 

僕にアドバイスまでくれた。 「あなたが好きになってもらおうと努力するのではなく、ありのままのあなたを好きになってくれる人はいっぱいいるのよ。 そういう人とつきあうべきよ」と言ってくれた。 これは僕が最近悩み続けていた問題だっただけに感動を覚えた。 あなたはなんと熱く美しいハートを持っているのか・・。

 

前向きな考えというのは彼女の職場は彼女より年齢がずっと高い人ばかりなのだそうだが、それも前向きに捕らえて、「色々学ぶことができてありがたいと思うようにしている」といっていた。 「私が恋愛は難しい。仕事の方が簡単だ」というと、「仕事が楽しいと思っている人が好き」といっていた。

 

こんな前向きな人は私の周りにはいないので、若いってすごいと思ったしここでも感動した。

 

これは職業的なものかな? 「今まで様々なナースと知り合ったが皆似た考え方を持っていることが多かった。 それでも、あなたが最も素晴らしい考え方の持ち主だ。 最近会った人の中ではあなたが最も素晴らしい人だ」と本心からいっておいた。

 

「巨人の星の星飛雄馬みたいな熱いハートの人だし、その中にでてくるナースの日高美奈みたいに強くて美しい心の持ち主の人だね」とも言っておいた。

 

そうすると「褒めるの上手だね」と言ってもらえた。普段はそんなでもないのだが、本当に感動したことや酒を飲んでいたこともあって、やや大げさに伝えた。

 

「21歳と若いのにしっかりしていると思う」と言ったらやはりこう返してきた。 「職業柄、人の死をいくつも見てきたから、自分がいつ死んでもおかしくないと思うようになり、一日一日を真剣に生きるようになった。 やはり職業もあると思う」と言っていた。 これは以前も別のナースから聞いたことがある。 素晴らしいと思う。

 

この間の女子大生と同じ年くらいなのに全然大人である。 恋愛感もお互い結婚を考えた人がいたということで話が合った。 彼女も「最近になって再び出会いを求めようという気になってきた」と言っていた。 これはタイミングがよかったと思う。

 

彼女は本当に心が美しくて笑顔がまぶしくてキラキラと輝いていた。 そのため、「キラキラと輝いていて、オーラが出ているね」と褒めておいた。

 

趣味や興味や食べ物の好みなど共通点が多く、彼女が「似ているところが多いな」と思っていたと言うので、「僕もまったくそうだと思っていた」と言って意気投合した。

 

チーズが好きな僕達。 散歩が好きな僕達。 一人旅が好きな僕達。
そして海外や英語が好きな僕達。 洋楽(R&B)が好きな僕達。

 

特にお互いが3人兄弟の真ん中であることに共感していた。 「真ん中は自由奔放になるよね」というと、大賛同してくれた。 実は夕方にあったセフレの女友達も、今日になって初めて3人兄弟の真ん中であることが判明して大共感していた。 僕の中では3人姉妹の長女だと思っていたら、実は3人兄弟の真ん中の女の子だったのだ。

 

最後に彼女について詳しく説明すると21歳、上京して半年、元カノと同じく東北出身である。 顔はかわいい。 胸はあまりないが、背はまあまああり、足が細くて美しくスタイルが良い。 パステル系のJJやCanCamみたいな服がよく似合っていた。

 

退店する間際に「今度デートしよう」と語って、いくつかプランをだしたが、「自然に触れたりしたい」といっていたのと、私と同じで「動物が好き」といっていたので、動物園に行きたいと思った。

 

色々共通点の多い人である。 しかし「今は準看護師なので、今後は学校にも行かないといけないので平日は忙しいのと、病院でバイトもしているので、休みは週に一度で土曜しかない」と言われた。 9月は色々あって、多忙なので10月になるといわれた。 多忙さは恋愛を殺してしまうことがある。

 

でも本当に僕のことを気に入ってくれているみたいだ。 僕はナースにもてるのかな。 多分そうだと思う。 母性本能をくすぐるタイプなのかもしれないとも思った。

 

 

 

共有:

コメント

  1. ナースマン より:

    もう准看は廃止されてますよ。

  2. より:

    >真剣に財布をあさりながらあまりお金ないですといいながら小銭だらけの410円を出してきた。
    ウケました

  3. いくら より:

    合流久しぶりに出来たりしますか?

  4. ジェイソン より:

    いくらさん、お久しぶりです。
    といいつつ、コメントを頂いてから3ヶ月以上経っていますが。
    また是非合流したいです。

タイトルとURLをコピーしました