• 代官山TSUTAYA
  • 代官山TSUTAYA2
  • 代官山パン屋
  • 代官山のオープンカフェ
  • 代官山のオープンカフェ
  • 代官山TSUTAYAの駐車場
  • 代官山のオープンカフェの夜1
  • 夜の代官山のオープンカフェでの風景
  • 夜のお台場のビーチ
  • MEGAWEBでの86
  • MEGAWEBでのコンセプトカー
  • ニューヨークのMPDの風景

代官山とお台場でのデートの仕方

posted in: アポ・デート | 0

1) お台場デート

ここ最近におけるナンパした女性とのデート状況を反省を踏まえて振り返っておきたい。
今回は二人の女性とそれぞれお台場と代官山でデートをしてきたので、ジェイソンなりのデートコースの紹介とナンパからのデート作法について解説したい。

まずは渋谷でナンパした女子大生とのデートについてだ。前回の記事は直説法ナンパに潜む落とし穴と打開策だ。

 

8月末のこちらの女子大生とのお台場デートはとんでもない結末となった。彼女が待ち合わせに遅れてきた後、僕はあまり詳しくはないお台場におけるランチのレストラン選びで重大な過ちを犯した。最も混むダイバーシティに行ってしまったのだ。そして上層階のレストランが混んでいたので安易に一階のフードコートに行ってしまった。席はあったが、とてもうるさくてムードも何もなかった。お台場ならアクアシティのレストランが高くない価格帯とムードの点でオススメだ。このことを痛く実感した。
その後は和みと色恋作戦のためにビーチを歩いたり、海浜公園に行こうと思ったが車の購入を検討していることもあり、まずはトヨタメガウェブに行こうと提案したらオッケーとなった。

 

これが第二の過ちだった。車ミュージアムを見てからメガウェブに向かう途中で彼女がヴィーナスフォートのトイレに立てこもった。笑える表現なのだが事実なのだ。10分ほどしてLINEで衝撃のメッセージが飛び込んできた。「風邪で体調が悪いのでもう帰ります。一人で車見てきてください。」みたいな内容だったのだ。2、30分ほどトイレの中と外で立てこもり犯の説得合戦が繰り広げられたが、最後は諦めて立ち去ることにした。
フードコートでもトイレに行って15分くらい戻らなかったし、コーヒーフラッペしか食べていなかったので体調が実際悪かったのだろうが、今まで経験のしたことのないショッキングなパターンだ。

やはり女性は車や男の趣味にあまり興味がないので、車や趣味関係の深入りは禁物だと思う。

 

最初に風邪で体調悪いと言ってくれていたら、静かなレストランを選んだり、その後のデートコースにおいても配慮できたし、もう少し遅い時間で近場でのデートでも良かった。 しかしお互い前回渋谷の路上で三分間話した後、何時間かLINEのメッセージでやりとりをしただけなので、こういった意思疎通の障害は起きてもしょうがない。

ちなみにこの後も現在まで普通にLINEでのやりとりは続いている。なかなか今度は会えそうに無いが車を買ったことには食いつきが良いのでドライブできるかもしれないと期待している。女性は車には興味がないがドライブでどこか非日常の場所に連れて行ってもらうことは大好きっぽいこともわかってきた。

 

今回は遅れたり、トイレの立てこもりもあったので、会っていたのは90分未満だと思う。ナンパのスキルは上がってもデートのスキルの向上はなかなか難しいものだ。

ジェイソン式ナンパ法の基本として、鉄は熱いうちに打て、ナンパからのアポは一週間以内と言っており、この時も日曜ナンパの翌週日曜日アポでちょうど一週間であった。

 

結局MEGA WEBでは一人で暗い気持ちながらも存分に車を見た。タミヤのラジコンレースのイベントもやっていた。 ディーラーと違って営業マンの目を気にすることなく、多くの気になっていたトヨタ車を触りまくったり、乗り込むことができたりして、良かった。今までも何度も行っているが、やはり車の購入を検討している時期に行くと満足度は非常に高い。トヨタ以外のメーカーではテーマパーク型のショールームを作るなんてまずやらないので、トヨタはすごいと思う。 少し前までは池袋にアムラックストヨタがあって、アクセスがお台場よりは良いので遊びに行っていたものだ。

MEGAWEBでの86

MEGAWEBでのコンセプトカー

 

その後夕方にビーチを裸足で波打ち際をひたすら1キロほど歩いてみたら、気持ちよかった。 やはり自然の力は偉大だし、その中で体を動かすことより良い気分転換法なんてないと思う。

夜のお台場のビーチ

 

 

2) 代官山デート

次のデートの女性とのナンパ経緯はブログでは書いておらずジェイソンのTwitterに書いていた。金曜夜に新宿にてナンパ講習中の見本としてナンパした24歳のOLなのだが、講習が終わる85分後の21:45に再合流しようと提案したら、かなり迷った挙句にOKしてくれた優しい子である。店にいったりウロウロ歩いて時間をつぶしていたそうだ。結構しんどいはずである。後で土日も仕事で翌日は10時出勤だと分かった。22:45まで連れ出しに応じてくれた。

 

こういう人の温かみに触れられるのもナンパのいいところだと思う。ナンパがストレスになることも当然あるけど、こうやって癒されることもあるのだ。金曜夜のナンパは日常から非日常へのショートトリップなのである。この子には本当にありがとうと言いたい。とっても良く僕に食いついてくれた。

 

そしてこの24歳のOLに渋々実年齢を伝えるとかなり驚かれた。同い年くらいかと思ったと言われた。ナンパにおいて若く見えることはとても重要なのだ。それはナンパに応じる女性の世代が20-25歳くらいがゴールデンゾーンとなっているからだ。若い子はフレンドリーで好奇心旺盛なのである。

 

鉄は熱いうちに打てということで三日後の祝日に代官山でおしゃれなデートした。週5の仕事に加えて土日はバイトをしている頑張り屋さんで、休みがほとんどない人なので結構続けるのは難しそうとは思っていた。 彼女が前日にオールでカラオケをしていたので15時待ち合わせとなった。こういうパターンはよくない。デートに疲れが残っていて、うまく行かないことが当然あるからだ。

 

1) 時間通りに現れる彼女。まずは散歩しながら有名な代官山TSUTAYAへ向かった。途中で雑貨屋に寄ったりした。代官山TSUTAYAは想像を絶するオシャレさでカルチャーショックを国内で受けることになった。とってもNEW YORKしていた。 ちなみに代官山は町全体がとても欧米っぽい。 そして欧米人がやたらと多い街だ。 小さい街なのに観光ガイドを持った白人もいたので、欧米人の間では有名なのだろう。

ちなみにTSUTAYAとは言ってもショッピングモール化しているのだ。オシャレなカフェや本屋などが入っており、独特なコンセプトを持った広い本屋はとても混んでいたが居心地が良い。アメリカのBarnes&Nobleという本屋に似た感じだ。実際にスターバックスが入っており、コーヒーを飲みながら本が読める。

他にもファミリーマートでさえも特別な代官山仕様となっており、オシャレで最先端のアメリカのお店といった感じである。 僕は初めての代官山がとても気に入った。

代官山TSUTAYA

代官山TSUTAYA2

 

 

2) その後はカフェに行こうということなったが、オシャレなカフェだらけなので少し探しただけで発見することができた。選んだのはLE PAIN QUOTIDIENというフランス語が店名のパン屋兼カフェだ。 広々としたオシャレなオープンカフェになっていた。 そして希望通り広々としたオープン席に座れた。この広々としたゆとりが代官山の良いところだ。 渋谷駅の隣の駅とは思えない癒しの街だ。 オープンカフェなんて久しぶりだ。とってもパリっぽいな。この店はフランス語の名前の店名だが、パンがとても美味しかった。代官山はパンが美味しい街として有名だと以前にネットナンパした女性から聞いていた。

 

代官山パン屋

代官山のオープンカフェ

駐車場へ続く道に席があったので、車を見ながら熱く語っていたが、まさに輸入車ショーという感じでフェラーリやランボルギーニを始め、超高級輸入車だらけだった。 駐車場の高さも驚いた。 代官山はまさにセレブの街なのだと思った。

彼女もオシャレな高級輸入車を見るのが楽しいようで、僕が解説を入れながら楽しく話した。 駐車券のチケット取り場よりも一段高い場所にオープンカフェ席があったので、楽しく眺めることができた。

代官山TSUTAYAの駐車場

彼女からは男性は車を持っていた方がいいと言われた。 僕が「車があるとモテると言うよね。」と直球で意味を確認してみたら、「そうそう。」と言われた。 昔から言われるが車があるとモテるのだ。以前は確かに車でイチコロだった。 ちょうどこの前夜に車の購入を決めたので、写真を交えてその話をしたのだが、ドライブに行きたいと熱望された。 納車が楽しみだ。

 

車とモテ度の関係は「車は究極のモテアイテムと気づいた」という記事を参考にしてほしい。

 

後日談として、先ほど去年のニューヨーク旅行の写真を見ていたら、以下のように今回行った店と同じLE PAIN QUOTIDIENという写真が出てきてびっくりした。 ニューヨークのオシャレな街角の風景としてたまたま印象に残って撮影していたのだ。 ちなみにチェルシーとかミートパッキング・ディストリクト(MPD)という今注目のオシャレエリアだ WEBで調べてみたところこの店はベルギーの企業ということがわかった。さすが代官山だ。ニューヨークと肩を並べるブランド価値があるのだ。

 

ニューヨークのチェルシーの風景 LE PAIN QUOTIDIEN

 

3) そろそろ色恋ムードを作るために公園を提案した。 ジェイソン式ナンパでは公園は重要だ。 西郷山公園を歩いていると近所の犬コミュニティの集会などもあった。 代官山は犬も多かった。 ベンチに座って、手を繋ぐとちょっと戸惑うもOKだった。 「付き合う?」と聞いたら、「まだ早い」みたいなことを言われ、「友達としてよろしく!」と言うとOKしてくれた。

 

4) 中目黒にご飯を食べにいくことにした。 大型店として有名な中目黒ドンキホーテが通り道にあったので、行ってみた。 歩いて行ける距離なのだ。 これは普通のドンキホーテだった。 当たり前か。  その後よさげなピザ屋があるも彼女はまだおなかが空いていないというので、中目黒駅まで歩いたが、めぼしい店は見つけられなかった。 ネットナンパした女性から聞いていたが、中目黒は特に見るべきものはなくて、お互い疲れて、失望した。 ここで代官山駅まで歩いて戻ることにした。 もちろん通っていない道を通った。 途中おいしそうなオシャレなパン屋や雑貨屋も見たが、だんだんとお互い疲れてきた。 そして道にも少し迷った。

 

ちなみにドンキホーテを出た後でいつもの悪い癖が出てしまった。 「夕ご飯は自分の分は出す?」みたいなことを言ってしまい、空気を白けさせてしまった。 手を繋いで歩いていたのだが、ぎこちない雰囲気になり「なんで手を繋いでいるの?」と言われ、手を離した。ここからは彼女もどんどんと口数が減っていった。 前日のオールカラオケの影響もあり、正直疲れていたようだった。 歩きながら「ごめん、僕が全部出すね」などと言ってみたが、彼女も少し意地になった感じで「私出すよ」みたいなことになっていた。

ナンパで食い逃げ的なことを経験しているとこうなって行くのかもしれない。もっと広い男らしい心を持った寛大な人間にならないともてないなと思う。

 

5) 代官山駅に戻って気が付いたことは彼女が好むような欧米料理のレストランがあまりないことだった。代官山は雑貨、パン屋、カフェ、服屋の街でレストランはあまりなかった。 NEW YORKの朝食の女王と言われるサラべスはあったが、行かなかった。 結局オシャレな欧米風のオープンカフェ(Cafe Chez Lui)に行った。 オープン席では金髪のアメリカ人女性が日本人男性と飲み物を飲みながら談笑していて、やはりNew Yorkっぽかった。 サンドイッチを頼み、やはりパンはとても美味しかったが、僕にはサイズが小さすぎて不満だった。 彼女はとても満足していた。 食後に飲み物を飲もうと言っていたが、肌寒いし、街が20時過ぎるとあまり人がいなくなり、周辺の店も一斉にしまる感じだったので、もう帰ろうといって、店を出た。 向かいにはこのカフェのパン屋があったので見てみた。 本当にパン屋は多い。

代官山のオープンカフェの夜1

夜の代官山のオープンカフェでの風景

 

彼女もかなり疲れていて、あまり口数がなくなっていた。 結局普通に晩御飯も僕が出したが、食後の飲み物を辞めたことで僕が減点されたかもしれない。僕は時々、口では言っておいて、後で何気なくそのことを取り消すことがあるような気が最近している。 もっとも僕は甘い物は好きではなくて、しょっぱい物が好き。 反対に女性は甘い物が好きで、食事よりもそっちを楽しみにしているかもしれないところもあるかもしれない。 ある意味男女は体の構造の違いから思考も違うので、すれ違いは仕方ないかもしれないが。

そして駅で解散した。その日は「ありがとう」というLINEが来た。

しかし、そこからはLINEしても微妙な反応になり、デートから数日後に残念なLINEが来た。

 

「好きな人がいるのでもう会えません。」

 

これが本当なのか、相性が良くなかったのでもう会いたくないという意味なのかは分からないが、言葉通りに受け取るのが一番良いと思う。 性格は良いとは思うが、顔や体(失礼ながら僕は巨乳好き)はそこまで好みではないし、休みも合わないなどといった部分があるので、僕も頑張って次に行くのが良いと思っている。

一応その後もLINEは続いている。 やはり御多分に洩れず、僕が買うことになる色の車の写真を送ったりすると食いつきが良かった。

 

追伸だがデートから二週間弱経った今日、次のようなLINEのメッセージが来た。

 

うん(>_<)
最近彼氏ができたの。
前から好きな人いて
何回も遊んでたんだけど
進展ないから
諦めたんだけど、
まさかの告白されて。

 

つまりタイミング悪く本当に彼氏が出来たようだ。ここまでして嘘をつく必要性はないと思うので事実だと思う。

 

【この日のデートコース】

 

代官山TSUTAYA
おしゃれな代官山のオープンカフェ(LE PAIN QUOTIDIEN)でパンとコーヒー
西郷山公園
中目黒ドンキ
中目黒駅
代官山のおしゃれなオープンカフェ(Cafe Chez Lui)で夕食

 

 

共有: