間接法の成功|本屋ナンパ

新宿Book 1ST 店内ナンパ

▼ 新宿でストリートナンパ

アメリカ人の友人と新宿でナンパした。

1バンゲ(27歳OL)と1ブーメラン(可愛いキャバ嬢)の結果となった。

27歳OLは最初、私を年下と思っていたようで軽くあしらわれた。
その後じっくり和んでいったのだが、年齢を言うと「詐欺でしょ!」と言われた。
どこまで僕は若く見られるんだと思った。

▼ 本屋で間接法ナンパ

新宿Book 1ST

夜にはBook 1Stでナンパ関連の本を読んだ。
その周辺には心理学や恋愛の本などがあってとても面白い。 そして、帰ろうと思ったらハシゴの前に女子大生くらいの女性がいて通れない。
よけてもらって通った時に、声をかけてみた。

22時に閉まると思っていたのに閉まらないから、間接法ナンパで閉店時間を聞いてみたのだ。
「この店は何時に閉まりますか?」
「23時ですよ。」
「あ、そうなんですね。22時かと思っていました。」

教えてもらって、その場を去った。
そして、その後すぐにもう一回戻って、ナンパしてみた。

しかし結論を急ぎ過ぎてしまい、「遊びには行かない」とのことだった。
「また、ここで会ったらなんかの縁なので、そのときはいいですよ」と言われた。

うむ、女性は運命の出会いを信じているのだ!
やはり直説法は不利なのだ。
本来間接法ナンパは偶然の出会いを装っているので性急な口説きへの展開は良くない。 今回は間接法で入りながらも、一気に直説法で繋げてしまったので失敗したのだ。 直説法ナンパは簡単なのでついそちらへ流れがちだが理想ではない。

そこで私は「これも十分運命だよ」みたいなことをいいながらについて話してみた。 真面目な文学書コーナーだったのだ。
そうすると流れは変わっていった。 彼女は文学部で文学書が好きということが分かり、二人の間の距離が縮まっていった。

このようにしてじっくりと和みをかけて、まずLINEはGetできた。
ナンパのステージはM1(誘惑)、M2(和み)、M3(口説き)からなるが、当初はよくやる過ちとしてM1(誘惑)から一気にM3(口説き)に行ってしまい失敗したのだ。 ここでM2(和み)をしっかりとやり直したことで成功したのだ。 更に言うと一旦M3(口説き)が失敗してもM2(和み)をしっかりとやり直せば復活できることはよくあるのだ。 特に相手も急いでいるストリートでは早めにM3に持って行って、そこからM2をやり直してM3という今回のような流れはよく使われる。

私の年齢は20代中盤と勘違いされていた。 やはり私は若く見られますね。
帰る方角が一緒だったので、一緒の電車で帰ることになった。 楽しいひと時だ。

間接法ナンパ成功。
最近の読者はご存知だろうが、間接法を現在習得中なのだ。

▼ 店内ナンパのポイント 

しかし静かな本屋でナンパしたのは初めてだ。
Book 1stという店も良かったし、文庫本コーナーという場所もよかった。 店内ナンパのポイントとしては以下の要素があるのでおさらいしておこう。

  1. 広い店舗
  2. 店員が少ない (この時点で百貨店は消える)
  3. お客さんが散らばっていて声掛けをしても目立たない (本屋ならば雑誌や旅行書コーナーは消えて専門書や文庫コーナーとなる)
  4. できれば女性が暇をしている(東急ハンズ、LOFT、大型書店、ビックカメラなど)
  5. 当然だが若い女性がいる(繁華街の店舗)

やっぱり最近はコミュニケーション能力をあげることに力をおき、単なるソロの直説法以外にも間接法を修練したり、他のナンパ師と合流したり、正三やコンビやグループナンパなどもやっているのが功を奏したのかもしれない。

やっぱり目的を持ってナンパをしたほうがいいです。 実際最近、腕がさらにメキメキと上がってきた。

▼ 和みの応酬

帰り道の電車の中でデート中のカップルばりに和みをかけて写真を見せたりした。 もうM2(和み)の応酬である。 こうなるともう確実に次回アポ=M3(口説き)に繋げることができる。 死に番やドタキャンやアポの不成立が多い人はM2(和み)が足りていないことを認識してほしい。
こうして来週末のデートのアポを約束してもらえた。 ただしバイトが空いていればとのこと。 場所もほぼ決めた。

そして帰り際には「声かけてくれてありがとうございます」と言われた。
う~む、嬉しい。

そして彼女が電車から下りるときに、握手を求めたら、ぎこちない握手だった。なんかこれが、痛手になるのではないかとやや気になっている。第六感で感じたものだ。

触ったことに嫌悪感がなければいいが。
アメリカ人ら海外の友達が増えてきていて、感覚がそうなってしまっている。
プラス、ボディタッチを意識してしまっているのだ。
今回失敗したら握手は封印しようかな。 迷うな。

この子は若干20歳のJDなのだ。
彼女候補になる可愛さだった。
浮かれてしまった。

しかし、LINEの返信はまだない。ゆっくり待とう。3日後に週末のバイトの予定がわかるらしい。
この続きは本屋で出会った女子大生との結末をご覧になっていただきたい。 あっと驚く展開が待っていたのだ。

▼ アメリカ人がドタキャン

日にちは変わって日曜日だが、先週に即ったアメリカ人がアポをまたもやドタキャンしてきた。 子供がいると色々大変なのかな。 予定を変更して今から渋谷でナンパすることにしたが、まもなく17時だ。

▼ ナンパ間接法について

ナンパ間接法について更に詳しく知りたい場合はこちらの記事にまとめていますので、ご覧下さい

>> ナンパテクニック(直説法と間接法)

共有:
タイトルとURLをコピーしました