新宿でソロナンパ|成人の日の3連休3日目

介護士 新宿
新宿御苑側道

新宿御苑の側道

 

 

成人の日の三連休の締めは新宿で完ソロ

 

成人の日の3連休三日目のある~~~ひ、
まずは新宿で台湾人のナンパ師主催のランチ会。
例のアメリカ人の友達はいつも時間通りに来たためしがないが、この日は音信不通になってしまった(爆笑)。 結局彼は来なかった。 夜になって「起きたのが遅かったからやめとく」とか言ってた。

 

15:30には解散した。なんか、ストリートナンパ師の集まりという感じではなく、ストリートナンパがしたくてウズウズしていた僕は提案したが、そうはならずに解散となった。 人数も今回は少なかった。

 

解き放たれたオイラの魂を解き放ち、5分後にあっさり連れ出し!!やばい調子良すぎ。
さすが、15:30というゴールデンタイムが影響したのかも。 昨日の記事でも書いたがナンパは22時すぎると大変難しいのだ。かといって、早ければ良いというわけでもない。 とにかく遅い時間が不利というのは確かだ。

 

第一声で、@@@の場所を聞いたら、反応が良かったので、そこから軽く押して、散歩することになった。 スムーズにあっさり行けた。 さすがベテランの俺。 ここでもいきなりカフェとかを打診するのではなく、様子を見ながらまずは散歩を打診。 そして散歩をしながら和みをかけてカフェ連れ出しに成功している。

 

この一連の模様はナンパ実録オーディオとして録音しており、僕のナンパテキストと実録オーディオを購入すると聞くことができる。 ただし不覚にも第一声部分は抜けてしまっている。

 

お散歩先として選択した新宿御苑まで歩いて側道のベンチに座って喋る。 そのあと四谷図書館の上にあるモスバーガーに行った。 9階で見晴らしが良い店なのだ。 彼女は介護の専攻の大学1年生だ。 早く帰らないといけないということで16:30には解散した。 1時間の連れ出しである。

 

介護士

 

最近はオラオラ系ではなく、ジェントルマンナンパ=誠実系ナンパを心掛けている。 したがって、タッチも何もしていない。 彼女の試験が終わったら、2月にもデートをすることにした。 ここも無理強いはしていない。 双方の同意の元だ。 15:30~16:30という明るい時間に連れ出しができてよかった。

 

ちなみに19歳でアイドルが好きということだ。 年齢が違いすぎて話を合わせるのも大変だね。 というかナンパ師なので若い娘には慣れているつもりだけど、あくまで「つもり」だから気をつけないとね。 ジェネレーションギャップって確実にあるからね。 ジェンダーギャップ(性差)も大きいけどね。

 

ちなみにこの日は新たな間接法を思いついた。 初日にアメリカ人が言ってた「君はマックで働いているよね!」とかではなく、もっと良い内容だ。 僕は良く「@@@はどこですか?」と言っているがもっと良い内容を思いついたのだ。 @@@の中は秘密だ。ナンパ塾では言っているし、ナンパテキストと実録ナンパオーディオでは明かしている。 それは「このあたりに@@@な@@@はありますか?」という間接法のシナリオだ。 正直とても使いやすいシナリオだったので、今後はヘビーローテーション♪で行きたい。

 

この後も看護専門学校1年生(昨日から1年生が多いな)をアルタまで連れ出したが、彼氏が最近できたということと、兄から電話がかかってきたということだったので放流した。 この子に僕は30代であるというと本当にビックリされた。 どう見ても20代とのこと。 今日のランチ会でも参加していた男性から「今まで見た中で最もベビーフェイスだ」とかなり驚かれたし、土曜日に美容室に行ったらレジで学割を適用されそうになった。 リアルで大学生に見えちゃう俺ってすごいね。 ナンパでは明らかに有利なのだ。

 

実はアメリカ人の友達からは声掛けがソフトすぎると言われたが、僕は意図的にやっているのだ。 これでこの日はもの凄く反応がよかった。

 

やはり間接法は面白いし、めちゃくちゃ反応が良い。ガンシカ天国渋谷ではなく、新宿だったのもあるが、ガンシカ率は5%くらいだった。 めでたしめでたし。 3連休三日目だし、昼にはランチ会もあって僕の体調や気分が良かったのかな。 女性は五感で声掛けしてきたナンパ師が楽しい人かどうかを判断しているのだ。

 

そしてやっぱり僕のようなベテランナンパ師にとっては完ソロは効率が良いし、やっぱり楽しいものだなと改めて完ソロの良さも認識した。

 

シチュエーションナンパも練習しようと本屋に行ってみたが結局不発だった。 僕の場合の難易度でいうと直説法<間接法<シチュエーションナンパの順でシチュエーションナンパが難しく感じる。 シチュエーションナンパはそういうシチュエーションが起きないとできないので運頼みだし、いざそういうシチュエーションに出くわしても実際何もできないことが多い。 例えば、年始の帰省電車の中で2度も美女が隣に座ったが何も話せなかった件がその典型だ。

 

しかしトレーニングしたらその難易度は真逆になるかもしれない。 シチュエーションナンパ<間接法<直説法になる可能性もある。 直説法が本来は最も抵抗があるはずな気もしているのだ。 それは直説法が最も不自然であるために警戒心を抱かれやすいためだ。 ナンパの天敵は警戒心なのだ。

 

 

 

▼ 2014年成人の日の三連休ナンパシリーズの全容はこちらだ。

アメリカ人ナンパ師と渋谷ナンパ|成人の日の3連休初日

アメリカ人ナンパ師と新宿ナンパ|成人の日の3連休2日目

新宿でソロナンパ|成人の日の3連休3日目

 

 

 

共有:
タイトルとURLをコピーしました