アポをこなしてきた。 声かけのコツ

2/17(日)

先週土曜日にバンゲした韓国人社会人とアポ。

1330-1530のショートデートの予定であった。
フレンチがなぜか閉まっていて、 副都心のイタリアンに入ったら、14:10くらいだった。

そして淡々としたデートで終了。

その後1830までコクーンタワーのBook Firstで色んな本を読んだ。 コンピューターを少し読んで、好きなビジネス書を長く読み、最後にスポーツ系の雑誌や本を見た。
この本屋は椅子があればより良いと思う。 平日は23時まで営業してるし、土日も22時までやってる。

で、1830にインドネシア人の知り合いとナンパをした。
英語の練習を兼ねて英語で話した。
そしててんやで食事をした

完ソロに比べてコンビだと声かけ数は落ちる。
それでも1バンゲした。
なんか最近調子がよくて、ほとんどガンシカされない。
彼曰く、「ジェイソンが話しかけると、女性は停まったりスピードを落として、話に耳を傾けるのは不思議だ。」というので、「なにかマジックがあるのかもよ。コツがね。」と言った。
コンビだとテンションが良い状態で行けるのもあるのかもしれない。

バンゲした女性はまたもやJD4年生。社会人かと思っていたが、またもや学生。
ナンパしてるとやたらと若い女性と知り合うことになる。
結婚は遠のくかもね。

普通の出会いにも最近はまっているので、そっちもほしいが、誘ってくれている人とその仲間が全員ネットワークビジネスのAm*ayと判明したので、距離をおきたい。
たしかに、そのパーティーで知り合った人にデートをて提案してもうまくいかず、Am*ayの非会員の人とはセクロスしたり、彼女化できた。
やっぱり非ナンパでの出会いの方が、セクロスや彼女化は簡単だ。

でもナンパのほうが可愛い子に出会える確率は高い。
このあたりのせめぎあいかな。
ただ直説法で行くと、後で女性の心理に変化がおきやすいと思うので
間接法のエッセンスを取り入れていくことにしている。

つまりドタキャンや、後で「いつもナンパしてるの?」と聞かれたり、親や友人に出会ったきっかけをこたえにくいということを避けたいのだ。
以前ナンパで出会った彼女と結婚を考えていたが、相手の両親に会うときに出会ったきっかけを言いづらくて、事前に打ち合わせしたりした。

可愛いと思ったので声かけたという箇所をやんわりとお茶を濁す折衷案を今試している。
今ちょっと暇なので声かけてみたというのを試しているが、もう少し色々TESTしてベストを見つけたい。
もちろんアメリカで主流の間接法の動画や本を見たり読んだりして、欧米式の知識も吸収していく。

このあたりは電子書籍に書いていくので乞うご期待

共有:
タイトルとURLをコピーしました