自由が丘デート

とある土曜日
この日は会社の同僚から頂いたチケットでGUCCIのファミリーセールに彼女と行く予定だった。
会場は江東区有明なので、セールの後に徒歩10分で行けるお台場で遊ぶつもりであった。
しかし、待ち合わせの新宿駅に着いた時にチケットを自宅に忘れたことに気づいた。
茫然自失の私に対して頭をよしよししてくれる彼女・・・。
馬が合うとはこのこと。
こういうのが恋人たる由縁だろう。

まずは新宿のすき屋でランチをしながら考えた結果、自由が丘に行くことにした。
彼女は小さい町が好きなのだ。
そうして初自由が丘。目黒区にはあまり行ったことがない。
Jiyu 4

スイーツの街であり、おしゃれな街をイメージしてたが、初めに目にした光景はどちらかというと
中野や下北沢のような雑多な印象。
年齢層は下北沢よりは高い。
Jiyu 3

ウロウロしてうちの会社が入っている店をこっそり見学したりして、たどりついたのがスーパー。
イタリア食材や輸入食品が多く有名なパン屋があったり、ハイソなイメージを感じた。
それで自由が丘スイーツフォレストに向かうことにしたが、その間で歩いた道はオシャレな感じがした。

おしゃれな道
jiyuuga

Jiyugaoka

中央が遊歩道になっていて、ベンチがずらりと続いていた。沿道には服屋が立ち並んでいた。
「う~~~ん、想像していたようなオシャレタウンだな。」と思った。

今日の彼女はミニスカートに網タイツで美しい脚を披露していた。
近目で見ると感じないが、一歩離れて鑑賞すると芸術品の脚だ。
そんなこんなでスイーツフォレストについて、ケーキを食べた。二人で1000円だが、
観光客向けの強気の価格設定であり、味もいまいちと感じた。
本来は地元のカフェでケーキを食べるとよかったであろう。しかし、あとで気づいたがそれだと1600円くらいになるようだった(飲み物除く価格)。

自由が丘スイーツフォレスト  
Jiyu_sweetsforest-021 
それで、おなかもいっぱいになり、自由が丘をそぞろ歩き。
色々発見をした。カフェや服屋や小道など。

jiyuugaoka2

それで夕食に安いイタリア居酒屋(サイゼみたいな店だが名前を忘れた)に行って、おなかいっぱい食べたが、確か1500円くらいだった。大盛りパスタ1皿とピザ二枚。
で、BOOKOFFに行った。
そしてリーセだったので満喫テコキを提案して満喫いくもWIPの会員証がなくて、いろいろあって、彼女が辞めようと言ったのでやめた。発行がめんどくさいようだった。また携帯登録すると入会金がかからなくなるというシステムも面倒だったようだ。
自由が丘デパートという昭和の雰囲気の飲食店のモールを少し見て、物陰でキスをしたら、
猫の鼻を押さえたときのような「ングッ!、ジタバタ」っていう仕草を見せたので可愛かった。さすが19歳だ。
「子供みたいだったよ」というと「だれだってびっくりするよ」と言ってて可愛かった。
駅でバイバイして帰宅した。
東京の西部地域はとても好きだ。
オシャレな感じが自分に合ってる気がする。

共有:

コメント

  1. ボッくん より:

    素晴らしい彼女ですね
    チケット忘れたら怒りそうですが
    ナンパする時時間があえば合流したいです

タイトルとURLをコピーしました